ニキビコンシーラーでニキビ跡だけをカバーすれば素肌がキレイに見える

コンシーラーは別名部分ファンデーションとも呼ばれるもので、通常のファンデーションでは隠しきれないシミやそばかす、ニキビ跡といった気になる部分に塗ることで肌を美しく見せてくれます。
使い方が難しいので購入したけど利用していない、どう利用すれば良いか分からないといった人はニキビコンシーラーとして利用してみると良いでしょう。
コンシーラーと言っても種類が様々で、固形状や液状といったもので仕上がりやカバー力が変わります。
また、色の選び方次第でカバーしやすい色も異なるため悩むことも多いかと思いますが、基本的に肌トラブルとなっている色と相対するものを選ぶと良いようです。
例えば赤なら緑、黄色なら紫といった具合で選ぶと上手く隠せるようになります。

コントロールカラーで全体をカバーするよりニキビコンシーラーで部分をカバー

化粧品の中でもコンシーラーは非常に便利な品物です。
最近ではよりカバー性能をアップさせたニキビコンシーラーなどもあり、素肌のしみやくすみなどを効果的に隠して美しい肌を演出することができます。
こうしたコンシーラーは筆の使い方ひとつで、肌への乗り方が大きく異なってしまいます。
その理由として、肌への馴染み具合を調節して使わないと、そこだけ目立ってしまうことがあげられます。
ニキビコンシーラーはコントロールカラーとは違い船体をカバーして肌を美しく見せるものではありません。
あくまでその部分をきれいにする化粧品なので、両者の違いをより明確に認識して、しっかりと使い分けることがよりよい化粧への近道であるといえます。

ファンデーションを使わないのが素肌メイクのコツ!

素肌メイクをしたいと考えた場合に、重要になってくるのが、ファンデーションを使わないという事です。
ファンデーションを使わないと、肌が綺麗に見えないと考える人は少なくありませんが、素肌メイクはコンシーラーで肌の状態をカバーしていきます。
実際にコンシーラーを使っていく際に意識しておかなければいけないのが、厚塗りにならないように、指の腹でしっかりと伸ばしていく事です。
ニキビ等隠したい部分に塗るニキビコンシーラーは隠したい部分につけた後に、その周辺をぼやかしていく事で、自然な仕上がりとなります。
そして、全体の肌の色合いを整えて、全体的にフェイスパウダーを重ねていくようにすれば、魅力的な素肌メイクが完成します。

コンシーラーはニキビ用を選ぼう

普段のメイクでニキビやニキビ跡を隠すのはなかなかむつかしいものです。
普通のコンシーラーを使うと油分が多く、ニキビをさらに悪化させてしまう危険性もあるのですが、ニキビ用のコンシーラーであれば、ニキビやニキビ跡を上手にカバーしながら殺菌と消炎してくれる有効成分が配合されているので、スキンケアしながら同時にニキビを隠してくれます。
ニキビコンシーラーには、グリチルリチン酸ジカリウムが配合されているものも多く、ニキビの炎症が悪化するのを防いでくれます。
ニキビに負担をかけずに自然にカバーしてくれるのでたいへん便利ですよ。
ニキビコンシーラーを選ぶポイントは、あまり明るい色ではなく、少し暗めの色を選ぶことです。

乾燥肌・敏感肌でも使えるコンシーラーなら肌トラブルの心配なし!

乾燥肌や敏感肌用のニキビコンシーラーを使うと肌トラブルが少なくなります。
ニキビはもともと油と水分のバランスが崩れることが原因で起こりますので、一般的なコスメでは敏感肌や乾燥肌の人にとっては刺激が強すぎることになります。
コンシーラーはカバー力が優れているもののほうが肌トラブルを隠してくれますし、メイクをしながら肌を保湿保護してくれることになりますが、油分が強いと肌呼吸の妨げになりますし、毛穴に油が詰まることで余計にニキビを悪化させる結果にもなりかねません。
ビタミンC誘導体や保湿成分でできたミネラル成分のニキビコンシーラーなら肌に余計な負担を掛けることなく、素肌のようなナチュラルメイクが可能になります。