スティックタイプで厚塗りするのはメイク崩れの原因に!

ニキビ跡や毛穴など肌の難を隠すためにはコンシーラーを使って隠すという方が多いと思われます。
しかし、隠すことばかりにとらわれて厚塗りになってしまうと帰ってメイク崩れの原因になってしまうということを知らない人も多いでしょう。
スティックタイプのニキビコンシーラーなどは、スティック状のものをそのまま塗ればいいだけなので大変便利です。
しかしスティック状故の固さもあってかしっかりと厚めに塗ってしまうという方が多いと思われます。
厚く塗ったメイクというのは、時間が経つにつれて皮脂によって浮いてくることがあります。
それがメイク崩れの原因となってきます。
コンシーラーに限らず、メイクは薄く塗ることによってナチュラルで長持ちする仕上がりとなります。

カバー力を持続させたいならクリームタイプがおすすめ

顔にシミやクマ、ニキビがあるとどうしても憂鬱な気分になりますよね。
そんな気になる部分を隠してくれるお助けアイテムのコンシーラー。
スティック状のものからペンシルタイプ、リキッドタイプ、クリームタイプと種類も豊富にあります。
中でもニキビやニキビ跡を隠すコンシーラーにはカバー力が必要ですよね。
ただカバー力が強くても持続力がなく崩れやすいものもあるので選ぶときに注意が必要です。
そのためニキビコンシーラーにはある程度強いカバー力とよれにくさを持っているクリームタイプのものがおすすめです。
また隠そうとして厚く塗りすぎると肌への負担がかかってしまうためニキビ用のオイルカットのクリームコンシーラーを選ぶと安心して使えるでしょう。

クリームタイプのコンシーラーは薄く塗るのがポイント

ニキビがあると赤みが気になるし、化粧のりも悪くなりますよね。
そんな時は、ニキビやニキビ痕を上手にカバーできるクリームタイプのニキビコンシーラーがおすすめです。
コンシーラーとは、ファンデーションを塗った後に気になる部分をさらにピンポイントでカバーできる優れもの。
色々なタイプがありますが、ニキビ肌にはカバー力が優れているクリームタイプを選びましょう。
ポイントは、薄く塗ることです。
ニキビを隠したいあまりにコンシーラーを厚塗りしてしまうと、かえってニキビの凹凸が目立ってしまうので逆効果です。
隠したいニキビより少し大きめにクリームタイプのコンシーラーをのせ、のせた箇所の周りを指の腹を使って丁寧に馴染ませます。
肌との境界線を無くしてしまえば、気になるニキビがまるでなかったかように見せることができますよ。
ニキビコンシーラーを上手に使いこなして、キレイなベースメイクを楽しんで下さいね。

気になる部分だけクリームタイプのコンシーラーを重ね付けしよう

コンシーラーは、目の下のクマやシミなどをカバーするアイテムで、ニキビやニキビ跡の肌トラブルに効果的な、ニキビコンシーラーというものもあります。
ニキビコンシーラーは、肌の色をコントロールして、配合されている成分によりニキビやニキビ跡を悪化させずにカバーできるもので、様々な種類があります。
クリームタイプのニキビコンシーラーは、肌にのせて伸ばすとニキビをケアしながらカバーすることができて、ニキビ跡の肌にもうるおいを与える効果があります。
またクリームタイプのものは、簡単に気になる部分だけ重ねづけすることができますし、カバー力を自分でコントロールできるので便利です。
使う時は、薄く塗り重ねていくと肌にきれいになじむので、仕上がりが良くなります。

フェイスパウダーで仕上げて美肌効果をアップしよう

ニキビやニキビ跡が気になるときはコンシーラーでしっかり隠して、ファンデーションは使わずフェイスパウダーで仕上げるのがナチュラルな美肌に見せ、さらにニキビケアを同時にすることができます。
ニキビの悪化の原因となるアクネ菌の増殖は過剰な皮脂分泌によることが多く、油分が多く含まれるファンデーションは使用しないほうがいいのです。
ただ一般のコンシーラーには油分が多く、さらにニキビを悪化させてしまう危険もありますので、ニキビやニキビ跡専用の薬用コンシーラーを使うことが肝心です。
薬用のニキビコンシーラーにはアクネ菌の繁殖を抑え、ニキビの炎症を抑える効果があるので、ニキビやニキビ跡を隠しながらニキビやニキビ跡のケアをすることができます。
また、もちろん油分は含まれていません。